ESPAÑOL | ENGLISH | DEUTSCH | 日本語 |

1 of 1 Pages

最高裁、CACAOLAT, S.A.社破産事件の管轄権が バルセロナ商事裁判所にあることを認める

異なる商事裁判所が当該二社の破産事件業務を始めた。このような状況、すなわち二社のうちの一方が、他方の議決権の過半数を有するようなケースにおいては、破産事件の兼務や裁判管轄について検討されなければならない。マドリード第6商事裁判所は最高裁に対しこれらの事項のいくつかについて問題提起をし、それに対する決定が2011年10月4日に下された。 II.- CASE BACKGROUND The holding “Nueva Rumasa” filed for the bankruptcy of Clesa, S.L. and Cacaolat, S.A., Clesa, S.L. being the parent company of Cacaolat, S.A. During the insolvency procedure, the Commercial Court of Madrid number 6 agreed, by virtue of the court order dated 3rd August 2011, to summon the Commercial Court of Barcelona number 6 to stand…