ESPAÑOL | ENGLISH | DEUTSCH | 日本語 |

1 of 1 Pages

特定ブランド名の下でなされる排他的ガソリン供給契約の価格操作 最高裁判例

I.- 導入 本稿は、いわゆる「特定ブランドの名の下でなされる供給契約」における価格操作の兆候に対するスペイン最高裁判所の近年における取扱いについて、簡潔な検討をしたものである。 このようなタイプの契約は「垂直的取引契約」(異なる生産または販売レベルの会社間の商品またはサービスの売買契約)として知られており、EU条約第101条以下(旧条約第81条)に定める不正競争防止に関するEU法により規制されることは留意すべきである。 II.- 特定ブランドの名の下でなされる排他的供給契約 コンセプトとカテゴリー 特定ブランドの名の下でなされる排他的供給契約とは、二つの独立した会社間で結ばれる商事関係をさす。この二社の一方はガソリンスタンドの所有者であり、他方は継続的にガソリンの供給を行い、かつ、ガソリンスタンドに対してそのロゴマークや市場イメージとともにブランド名の使用を認める会社である。通常、ガソリン会社はガソリンスタンドの経営者に対し技術や営業の支援を提供することが義務づけられるが、その代わりに、ガソリンスタンドは当該ガソリン会社から排他的にガソリンを購入することを約している場合が多く見られる。したがい、学説や判例法的にみて、議論される要素が複合的に絡み合う契約として取り扱われている。 経済的には、特定ブランドの名の下での排他的取引契約は代理店契約(ガソリンスタンドが代理店としての役割を担い、販売手数料として収入を得る。)もしくは販売(ディストリビューション)契約(ガソリンスタンド経営者がディストリビューターの役割を担い、製品の「再販売」を通じて収入を得る。)のような構造と捉えることができる。 不正競争防止法の規定が明白に言及しているのは、サプライヤーと再販売業者間の排他的売買契約についてであり、本店と代理店または仲買人との間で結ばれる、代理店等が本店を代理して商品を独占的に販売するための契約については特に触れていないことから、原則として、代理店契約は不正競争防止法の適用範囲内ではない。しかしながら、EUの垂直的制限に関するガイドライン(2010/C 130/01)のセクション12から21は、代理店が一定の商業または金銭的なリスクを負う場合には代理店契約はその真正さを失い、EU条約第101条の適用範囲となる旨、定める。 上述のガイドラインが定める代理店契約の真正性を判断するための条件は網羅的なものではなく、特にガソリン販売の分野については、近年に出された欧州裁判所判決(2006年12月14日判決、2008年9月11日判決及び2009年4月2日判決)及びスペイン最高裁判決(2010年1月15日判決、2011年5月11日判決及び2011年9月1日判決)によって補完された。簡潔に言うと、ガソリンスタンドが負担するリスクが「重大」であるような場合のみ(排他的な供給、ガソリンの保管義務と未払い リスクの負担、ガソリン会社から要請に応じてガソリン購入費の現金支払等 )、当該代理店契約は真正なものではないとみなされ、不正競争防止法の適用を受ける。 III.- 特定ブランドの名の下での排他的取引契約で行なわれる価格調整 近年において、最高裁はブランドの名の下での排他的販売契約(販売契約または真正ではない代理店契約の形態)について、ガソリンスタンドの経営者がガソリン販売会社側からの希望小売価格に応じるため、EU不正競争防止法違反を犯しているという重要な事態が多くあることを認識し始めた。 当初、2008年11月20日判決や2009年4月15日判決に見られるように、最高裁は非常に厳しい姿勢を維持していたが、2010年1月15日判決によって判断基準が明確になった。当該判決において、最高裁は欧州裁判所2008年9月11日判決及び2009年4月2日判決で定められたガイドラインに従い、供給者が小売価格の上限を課したり、小売価格を勧告したりすることが制限され、販売者が小売価格の真の決定することができるのであるならば、欧州委員会規則第1984/83号に定める一括適用免除を受けることができるとした。直近の最高裁判決である2012年7月10日判決、同年7月20日判決及び同年10月24日判決も、上記判決の立場を支持している。 IV.- 結論 ここ数年の間、欧州裁判所によって出された判例をふまえ、スペイン最高裁はその判断基準について徐々に厳格さを増してきた。2010年1月15日判決によって示された新しい基準は直近の2年間に繰り返し確認されており、現在においては、小売価格の上限設定または推奨は、ガソリンスタンド経営者がガソリン会社から示された価格とは異なる価格でその顧客に販売できることが当該契約において有効に認められる場合に限り、許される行為であると考えられている。 より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。 ラモン・マニャ rmt@vila.es 大友美加: otomo@vila.es 2013年1月25日

特定ブランド名の下でなされる排他的ガソリン供給契約の価格操作 最高裁判例

I.- 導入 本稿は、いわゆる「特定ブランドの名の下でなされる供給契約」における価格操作の兆候に対するスペイン最高裁判所の近年における取扱いについて、簡潔な検討をしたものである。 このようなタイプの契約は「垂直的取引契約」(異なる生産または販売レベルの会社間の商品またはサービスの売買契約)として知られており、EU条約第101条以下(旧条約第81条)に定める不正競争防止に関するEU法により規制されることは留意すべきである。 II.- 特定ブランドの名の下でなされる排他的供給契約 コンセプトとカテゴリー 特定ブランドの名の下でなされる排他的供給契約とは、二つの独立した会社間で結ばれる商事関係をさす。この二社の一方はガソリンスタンドの所有者であり、他方は継続的にガソリンの供給を行い、かつ、ガソリンスタンドに対してそのロゴマークや市場イメージとともにブランド名の使用を認める会社である。通常、ガソリン会社はガソリンスタンドの経営者に対し技術や営業の支援を提供することが義務づけられるが、その代わりに、ガソリンスタンドは当該ガソリン会社から排他的にガソリンを購入することを約している場合が多く見られる。したがい、学説や判例法的にみて、議論される要素が複合的に絡み合う契約として取り扱われている。 経済的には、特定ブランドの名の下での排他的取引契約は代理店契約(ガソリンスタンドが代理店としての役割を担い、販売手数料として収入を得る。)もしくは販売(ディストリビューション)契約(ガソリンスタンド経営者がディストリビューターの役割を担い、製品の「再販売」を通じて収入を得る。)のような構造と捉えることができる。 不正競争防止法の規定が明白に言及しているのは、サプライヤーと再販売業者間の排他的売買契約についてであり、本店と代理店または仲買人との間で結ばれる、代理店等が本店を代理して商品を独占的に販売するための契約については特に触れていないことから、原則として、代理店契約は不正競争防止法の適用範囲内ではない。しかしながら、EUの垂直的制限に関するガイドライン(2010/C 130/01)のセクション12から21は、代理店が一定の商業または金銭的なリスクを負う場合には代理店契約はその真正さを失い、EU条約第101条の適用範囲となる旨、定める。 上述のガイドラインが定める代理店契約の真正性を判断するための条件は網羅的なものではなく、特にガソリン販売の分野については、近年に出された欧州裁判所判決(2006年12月14日判決、2008年9月11日判決及び2009年4月2日判決)及びスペイン最高裁判決(2010年1月15日判決、2011年5月11日判決及び2011年9月1日判決)によって補完された。簡潔に言うと、ガソリンスタンドが負担するリスクが「重大」であるような場合のみ(排他的な供給、ガソリンの保管義務と未払い リスクの負担、ガソリン会社から要請に応じてガソリン購入費の現金支払等 )、当該代理店契約は真正なものではないとみなされ、不正競争防止法の適用を受ける。 III.- 特定ブランドの名の下での排他的取引契約で行なわれる価格調整 近年において、最高裁はブランドの名の下での排他的販売契約(販売契約または真正ではない代理店契約の形態)について、ガソリンスタンドの経営者がガソリン販売会社側からの希望小売価格に応じるため、EU不正競争防止法違反を犯しているという重要な事態が多くあることを認識し始めた。 当初、2008年11月20日判決や2009年4月15日判決に見られるように、最高裁は非常に厳しい姿勢を維持していたが、2010年1月15日判決によって判断基準が明確になった。当該判決において、最高裁は欧州裁判所2008年9月11日判決及び2009年4月2日判決で定められたガイドラインに従い、供給者が小売価格の上限を課したり、小売価格を勧告したりすることが制限され、販売者が小売価格の真の決定することができるのであるならば、欧州委員会規則第1984/83号に定める一括適用免除を受けることができるとした。直近の最高裁判決である2012年7月10日判決、同年7月20日判決及び同年10月24日判決も、上記判決の立場を支持している。 IV.- 結論 ここ数年の間、欧州裁判所によって出された判例をふまえ、スペイン最高裁はその判断基準について徐々に厳格さを増してきた。2010年1月15日判決によって示された新しい基準は直近の2年間に繰り返し確認されており、現在においては、小売価格の上限設定または推奨は、ガソリンスタンド経営者がガソリン会社から示された価格とは異なる価格でその顧客に販売できることが当該契約において有効に認められる場合に限り、許される行為であると考えられている。 より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。 ラモン・マニャ rmt@vila.es 大友美加: otomo@vila.es 2013年1月25日

専門サービスに関する法律の草案

I.    導入経済金融省(Ministerio de Economía y Competividad)により提出された専門サービスに関する法律の草案は、医療、法律、教育、経済及び技術の専門家に影響を及ぼすものである。本稿は法律の専門家にとっての予測し得る重大な変更点について述べる。II.    全セクターにおける変更点全分野が共通に影響を受ける主たる変更点は以下のとおりである。:–    特に厳格な証明が求められる職種について業規制の軽減及び一般的に業規制が定められる領域の明確化–    特に厳格な証明が求められる職種について登録義務の軽減–    各協会(義務的なもの及び自主的なもの双方)の規則の現代化–    スペイン国内における効率化の原則、すなわち各自治州において法律が定める要件を充たし、協会に登録する者は誰でもスペイン全土で当該専門活動を行なうことが認められる。III.    法務分野における重要な変更点1. 専門家協会の数の減少 現在83ある法律専門家の協会団体が、各県の協会団体が排除されることで、大幅に減少される。新しい規則によると、協会団体は各自治州レベルで存在することとなり、県レベルでの協会団体はいくつかの例外に留まる。2. 弁護士業と検事業との兼職禁止の排除 手続きの簡略化及びコストの削減を目的として、弁護士業と検事業との兼職禁止を排除することが盛り込まれた。兼職禁止は他のヨーロッパ諸国では存在しないことも排除の要因の一つである。経済金融省は、その根拠として、「いくつかの国において弁護士と検事の兼業が認められている事実を考慮すると、裁判における代理と防御の活動が同一人によって行なわれるべきであることが正当化されるわけではない。」としている。したがって、草案は弁護士が検事協会への登録なしに検事としての職務を行なうことを認める内容となっている。3. 弁護士登録のために国家試験合格の要件を課す。 専門サービスに関する法律草案は、弁護士及び検事の職務につくことについて定める2006年10月30日法第34/2006号を改正するものでもある。マスターを修了することで国家試験を受けずに弁護士または検事として登録できることを定める内容とし、法学部卒業者はマスターを取得することで弁護士または検事になる門戸が開かれることになる。4. 裁判官の面前において、または裁判所において活動を行なわない限り、弁護士登録は義務ではない。 法律草案によると、弁護士登録が義務化されるのは裁判手続きにおいて代理人を務める弁護士に限られ、弁護士全般に義務化されるのではない。したがい、裁判においてクライアントの代理人を務める意図がない弁護士は弁護士登録を消去することも可能となる。IV.    結論専門サービスに関する法律の草案は、法律分野において大きな変化をもたらすことを期待している。特に、検事と弁護士の兼業禁止の排除は、検事・弁護士双方の日常業務に影響を及ぼすだろう。しかしながら、このような変化を目的とする草案を扱うにあたり、影響を受ける職業から多くの抗議があることを鑑みると、計画されている変化の全てが実現するかについては未だ定かではない。より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。info@vila.es 2013年1月17日

専門サービスに関する法律の草案

I.    導入経済金融省(Ministerio de Economía y Competividad)により提出された専門サービスに関する法律の草案は、医療、法律、教育、経済及び技術の専門家に影響を及ぼすものである。本稿は法律の専門家にとっての予測し得る重大な変更点について述べる。II.    全セクターにおける変更点全分野が共通に影響を受ける主たる変更点は以下のとおりである。:–    特に厳格な証明が求められる職種について業規制の軽減及び一般的に業規制が定められる領域の明確化–    特に厳格な証明が求められる職種について登録義務の軽減–    各協会(義務的なもの及び自主的なもの双方)の規則の現代化–    スペイン国内における効率化の原則、すなわち各自治州において法律が定める要件を充たし、協会に登録する者は誰でもスペイン全土で当該専門活動を行なうことが認められる。III.    法務分野における重要な変更点1. 専門家協会の数の減少 現在83ある法律専門家の協会団体が、各県の協会団体が排除されることで、大幅に減少される。新しい規則によると、協会団体は各自治州レベルで存在することとなり、県レベルでの協会団体はいくつかの例外に留まる。2. 弁護士業と検事業との兼職禁止の排除 手続きの簡略化及びコストの削減を目的として、弁護士業と検事業との兼職禁止を排除することが盛り込まれた。兼職禁止は他のヨーロッパ諸国では存在しないことも排除の要因の一つである。経済金融省は、その根拠として、「いくつかの国において弁護士と検事の兼業が認められている事実を考慮すると、裁判における代理と防御の活動が同一人によって行なわれるべきであることが正当化されるわけではない。」としている。したがって、草案は弁護士が検事協会への登録なしに検事としての職務を行なうことを認める内容となっている。3. 弁護士登録のために国家試験合格の要件を課す。 専門サービスに関する法律草案は、弁護士及び検事の職務につくことについて定める2006年10月30日法第34/2006号を改正するものでもある。マスターを修了することで国家試験を受けずに弁護士または検事として登録できることを定める内容とし、法学部卒業者はマスターを取得することで弁護士または検事になる門戸が開かれることになる。4. 裁判官の面前において、または裁判所において活動を行なわない限り、弁護士登録は義務ではない。 法律草案によると、弁護士登録が義務化されるのは裁判手続きにおいて代理人を務める弁護士に限られ、弁護士全般に義務化されるのではない。したがい、裁判においてクライアントの代理人を務める意図がない弁護士は弁護士登録を消去することも可能となる。IV.    結論専門サービスに関する法律の草案は、法律分野において大きな変化をもたらすことを期待している。特に、検事と弁護士の兼業禁止の排除は、検事・弁護士双方の日常業務に影響を及ぼすだろう。しかしながら、このような変化を目的とする草案を扱うにあたり、影響を受ける職業から多くの抗議があることを鑑みると、計画されている変化の全てが実現するかについては未だ定かではない。より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。info@vila.es 2013年1月17日

現物給与: 会社所有でない住居の被雇用者に対する譲渡

I.    序文 12月27日に成立した法 16/2012号により、2013年1月1日を施行日として、2006年11月28日法第35/2006号の個人所得税法第43条の重要な改正及び法人税法、非居住者所得税法、資産税法の一部改正がされた。当該改正は、第三者所有の居住用不動産について雇用主がその従業員に対し譲渡をしている場合の新しい計算規則を制定するものである。 II.    計算規則の改正 改正前の個人所得税法第43条は、原則として、当該居住不動産の台帳価値の10%が現物給与額となる旨定めていた。しかしながら、新しい法律はより簡素な方法である、雇用主が実際に支払っている金額と同額とするために、その1.1項d)において、『現物給与による収入は支払者に生じた費用により査定し、そこには当該行為にかかる税金も含むものとする。現物給与には、支払者の所有物でない居住用不動産の使用も含まれる。』としている。 すなわち、従業員が利用・享受するために不動産を賃貸している会社で現物給与を構成しているような会社の場合、従業員が受け取る現物給与額は会社が当該住居の賃貸のために支払っている費用総額と同額となる。 また、明らかに低い賃料で取り決められるようなケースを回避するため、法は、いかなる場合においても査定の結果が第43条1 a)の定める額、すなわち、当該賃貸不動産の台帳価値の10%相当額を下回ることはできない旨、付け加えている。 ただし、2013年度課税年度については、第三者所有の居住用不動産を雇用主がその従業員に対し譲渡している場合の現物支給額の計算は、当該居住用不動産の賃貸借契約が2012年10月4日以前から継続している場合に限り、2012年12月31日施行の法第43条1項a)に基づき、従来と同様の計算規則が適用される。 III.     結論 法第16/2012号は、財政強化に貢献する目的を有しており、このために上述のような様々な方法が取られた。この対策は、従業員の実際の現物給与額を数量化し、最終的に従業員が現物給与として享受する利益を正確に評価するためのものである。従業員のための居住不動産賃貸による現物給与についてのこの新しい数量化の方法は、従業員のみならず会社も、自身が不正行為を犯さないようにするために考慮すべきものである。 より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。 info@vila.es 2013年1月11日

現物給与: 会社所有でない住居の被雇用者に対する譲渡

I.    序文 12月27日に成立した法 16/2012号により、2013年1月1日を施行日として、2006年11月28日法第35/2006号の個人所得税法第43条の重要な改正及び法人税法、非居住者所得税法、資産税法の一部改正がされた。当該改正は、第三者所有の居住用不動産について雇用主がその従業員に対し譲渡をしている場合の新しい計算規則を制定するものである。 II.    計算規則の改正 改正前の個人所得税法第43条は、原則として、当該居住不動産の台帳価値の10%が現物給与額となる旨定めていた。しかしながら、新しい法律はより簡素な方法である、雇用主が実際に支払っている金額と同額とするために、その1.1項d)において、『現物給与による収入は支払者に生じた費用により査定し、そこには当該行為にかかる税金も含むものとする。現物給与には、支払者の所有物でない居住用不動産の使用も含まれる。』としている。 すなわち、従業員が利用・享受するために不動産を賃貸している会社で現物給与を構成しているような会社の場合、従業員が受け取る現物給与額は会社が当該住居の賃貸のために支払っている費用総額と同額となる。 また、明らかに低い賃料で取り決められるようなケースを回避するため、法は、いかなる場合においても査定の結果が第43条1 a)の定める額、すなわち、当該賃貸不動産の台帳価値の10%相当額を下回ることはできない旨、付け加えている。 ただし、2013年度課税年度については、第三者所有の居住用不動産を雇用主がその従業員に対し譲渡している場合の現物支給額の計算は、当該居住用不動産の賃貸借契約が2012年10月4日以前から継続している場合に限り、2012年12月31日施行の法第43条1項a)に基づき、従来と同様の計算規則が適用される。 III.     結論 法第16/2012号は、財政強化に貢献する目的を有しており、このために上述のような様々な方法が取られた。この対策は、従業員の実際の現物給与額を数量化し、最終的に従業員が現物給与として享受する利益を正確に評価するためのものである。従業員のための居住不動産賃貸による現物給与についてのこの新しい数量化の方法は、従業員のみならず会社も、自身が不正行為を犯さないようにするために考慮すべきものである。 より詳細な情報につきましては、下記までご連絡ください。 info@vila.es 2013年1月13日