ESPAÑOL | ENGLISH | DEUTSCH | 日本語 |

1 of 1 Pages

商事取引用インコタームズの改正

インコタームズは、1936年にパリで開催された国際商業会議所の会合において国際商事取引を規制する目的で作成された貿易条件である。以降、その時々の取引状況に適用させるために何度も改正が重ねられてきた。 最近では2010年に改正がされ(発効は2011年)、新たに定められた売主・買主間のコスト分担の明確化や、特に損失等のリスク負担が売主から買主に移転するタイミングについて定める規定は、国際的に用いられている。 Incoterms (the acronym for International Commercial Terms) are the terms set by the International Chamber of Commerce in Paris in 1936 to regulate international trade. Since then, they have been modified several times in order to adapt to the commercial context of the moment. Incoterms, which were revised in 2010 and whose changes have come into force from…

訴訟手続きの迅速化施策のための民事訴訟法改正  (2011年10月10日 法第37号/2011年)

2011年10月10日、法第37号/2011年が承認された。当該法律は訴訟手続きの迅速化に関するものであり、2011年10月11日付官報第245号において公表された。施行日は2011年11月1日。当該法律は、近年における訴訟の飛躍的な増加に対応するため、先に始められた訴訟制度改革の一環である。 As its name suggests, its main objective is the incorporation of certain measures to facilitate the proceedings in civil, criminal and contentious and administrative orders. Therefore, Law 37/2011 introduces measures that are designed in order to guarantee the fundamental rights of citizens, to optimize processes, to delete or substitute unnecessary procedural steps or to limit the abusive use of…