ヴィラ法律事務所は、迅速かつ効果的な方法でお客様のニーズに答えます。

私たちはクライアントの皆様とともに、発展を遂げていきます。

 テイラーメイド・サービスとは、顧客のニーズと期待に応えることを意味します。私たちの仕事の基本となるのは、クライアントのビジネスを徹底的に理解することです。各クライアントのビジネスへの理解が深ければ、状況に応じた的確なアドバイスの提供、また今後起こりうる問題を迅速に察知し解決することができると信じています。

 

スペイン有限会社の持分譲渡の制限

スペイン登記公証局は、2018年7月31日付け決定にて、ドラッグアロング(強制売却権)及び タグアロング(共同売却権)に関する定款規定の合法性に関し、有限会社の会社持分譲渡の自由に制限を課すことへの株主の自主性尊重の限界を指摘する見解を示した。 具体的には、ある会社が以下の内容のタグアロング規定を定款に含めるための定款変更登記をしようとしていた。 会社持分の50パーセント以上を保有する株主が、第三者に対しその持分の全て又は一部を譲渡しようとする場合は、他の株主もその保有する持分を、当該譲渡と同じ条件で同一の譲受人に譲渡する権利を保証する、いわゆるタグアロングを付与する。 また、ドラッグアロング規定は、会社設立より5年が経過した後に、株主又は第三者が会社持分の全部について買い取る提案をした場合、譲渡人である株主は他の株主に対し同条件で同一の譲受人に持分を譲渡することを強制することができる、としていた。 商業登記所登記官は、上記2規定の登記を以下の理由により拒否した。 これら2規定は、持分の譲受人が他のすべての持分を取得したくない場合、もしくは他の株主が、タグアロング権を行使したくないケースを予見していない。同様に、持分譲渡を検討している株主自身が、当該譲渡を断念した場合に起こる事象に対する予見もされていない。 したがって、本件の登記却下理由は規定の違法性に基づくものではなく、特定の起こりうる事象を未然に防止するような配慮が規定起草時にかけていたことによる。 登記公証局(DGRN)は最終的に、商業登記官の決定を覆し、以下の見解に基づいて、本件のドラッグアロング(強制売却権)及び タグアロング(共同売却権)規定にかかる定款変更の登記申請を受理する決定を下した。 1) 一般的に、有限責任会社は非常に「非公開」的性質を有しているとみなすことができる。したがって、株主間の相互取引、あるいは配偶者間、株主の親族間、グループ会社間の持分譲渡以外は、会社の定款規定の要件に従って譲渡が制限される。しかしながら、いかなる場合においても定款が株式の自由譲渡について完全に認めないことはできない。定款が上記点にかかる予見をしていない場合は、補足的な性質を持つ資本会社法第107条および第108条の規定がこれを補う。 2) この点における資本会社法の補足原則を考慮すると、持分譲渡の合理的な可能性又は持分に囚われることを回避するための退社の可能性が株主に保証される場合には、株主は持分譲渡を制限する代替案を規定する権利を有すると言える。そうでなければ、民法第348条に規定される資産の取引を認める基本原則に反することとなる。 3) 定款規定による持分譲渡の制限は、上記原則に違反せず、合法的な禁止を尊重するものであり、法的に認められていると理解されるべきものである。 最終的に登記公証局は、登記官は持分の自由譲渡に関する制限を規定する定款規定の合法性を検証することはできるが、規定の細部までに入ることはない。そして、法的枠組みの中で、株主は有限責任会社の特徴である非公開性を維持するために適切であると考える措置を決定する自由を享受する、との見解を述べた。 Eduardo Vilá より詳細な情報につきましては下記までご連絡ください。…
続きを読む

インターネット及び情報システムの安全に関する新勅令法

2018年9月8日付官報にて新しい勅令法の2018年9月7日勅令法第12号インターネット及び情報システムの安全に関する勅令法が公布され、翌日から施行された。この勅令法は、全面的な視点から、国内とEUとの本分野についての協力体制を容易にし、インターネットや情報システムに影響を与えるような脅威に対する防御策を強化することができるような枠組みを定めることを目的としている。 なお、本勅令法は2016年7月6日付欧州議会及び欧州評議会指令第1148号をスペイン国内法制に置換するものである。 本勅令法の適用対象となるのは、EU域内で事業活動のためにネットワークや情報システムに依存し、かつ、重要なサービスを提供している会社である。また、本勅令法のグローバルな適用を行うために、適用範囲は指令に明白に含まれていない事業分野(特別法制があるにもかかわらず)にも及ぶ。 また、本勅令法は、オンライン・マーケット、サーチエンジン、クラウドサービスといった特定のデジタルサービス業者にも適用がされる。 欧州指令に沿って、本勅令法はネットワーク及び情報システムの保護を保証する必要がある事業分野を特定し、また、当該事業分野における重要なサービスの特定のための手続きや、重要なサービスを提供する主要なオペレーターを定めている。これらは本勅令法の適用対象となる。 重要なサービスのオペレーター及びデジタルサービスのプロバイダは、適切かつネットワーク及び情報システムの安全にとって考えうるリスクに応じた技術対策及び組織対策を採用しなければならない。当該対策を外注することは可能である。 重要サービスのオペレーターは情報安全責任者として個人、団体又は組織を任命し、管轄当局に対して届け出なければならない。情報安全責任者は管轄当局との連絡窓口や技術協力を担う。 デジタルサービスプロバイダは、少なくとも技術の発展と以下の事項を考慮に入れたセキュリティ対策を定めなければならない。 システム及び設備の安全 事故時の対応 継続的対応 監督、監査及び試作 国際的な規則の遵守 本勅令法は、重要サービスオペレーターとデジタルサービスプロバイダに、それらが提供するサービスのために利用されるネットワーク及び情報サービスに生じた事故で、それらサービスに重大な混乱を生じさせるようなものについて、重要サービスに影響を及ぼす可能性のある事象又は事故の届出が予見された時に、届け出ることを要求する。 届出の必要性の判断のため、事故の重要性は少なくとも以下の要素を考慮して判断される。 重要なサービスの混乱により影響を受けたユーザーの数 事故が生じた期間 当該事故の拡大範囲又は地理的範囲 サービスの機能が妨害された程度 経済活動及び重要な会社への影響の範囲…
続きを読む

スペインにおける会社解散理由

スペインにおいて会社は、スペイン資本会社法第363条に定める事由に該当する場合には、解散をしなければならない。以下が法定解散事由である。 資本会社は、以下の場合には解散しなければならない。 a) (定款の) 会社の目的を構成する事業活動を停止する場合。具体的には、一年以上の事業活動を行なっていない場合には、事業停止状態とみなされる。 b) 会社の目的である事業が終了した場合 c) 会社目的の達成が不可能である場合 d) 会社の経営組織が機能停止し、その役割を果たすことができない場合 e) 純資産の額が資本金の額の半分以下となる損失がある場合。ただし、本損失の増加又は減少のための十分な措置を採っていない場合を除き、また、民事再生手続をすることが適切でない場合でなければならない。 f) 資本金の額が法定金額を下回る場合。ただし、なんらかの法を遵守した結果である場合は除く。 g) 議決権のない出資持分(S.L.の場合)又は議決権のない株式(S.A.の場合)の額面価格が、払込資本の額の半額を超過しており、その状態が2年以内に回復しなかった場合。 h) 定款に定められた他のいかなる解散事由に該当する場合。 株主総会は解散の決議を採択できる。又は、会社の解散が議案として提出された場合は、解散理由を撤回するための措置を取る必要がある。最もよくある解散事由は、上記e)にあたる状態である。本状態を改善するための方法については、当事務所Calra…
続きを読む

EUデジタル単一市場における著作権保護

デジタル単一市場における著作権保護に関するEU理事会及び欧州議会指令案は、2018年7月の否決を経て、9月12日付にてようやく承認された。当該新指令の名称が示す通り、オンライン上における著作権の使用を規制するもので、ライセンス及び電子出版プラットフォーム上にて尊重すべきコンテンツ・フィルタリング・システムの確立を定めるものである。 改正指令案の中でとりわけ議論となったのは、第11条及び13条に関するものである。 前指令法案第11条には、EU加盟国内でニュース配信及び新聞を発行する出版社に著作権を認め、第三者が発行物をネット上にて直接又は間接的に再利用する場合、許可又は禁止を可能とする規定があった。同様に、出版物の著作権は、発行翌年の1月1日から起算され20年間保護されると規定されていた。 しかしながら改正指令案は、以下のような案を導入した。 (1) EU該加盟国は、出版社及び著者が、「情報化社会におけるサービスプロバイダ」から「公平」かつ「適切な」報酬を受領することを保証しなければならないとした。当該新要件は、著作権者(コンテンツの出版社及び著作者の両方を含む)が、コンテンツを収集するオペレーター及びニュース・アグリゲータから「手数料」を受領しなければならないことを意味する。 (2) 著作権保護期間は20年間から5年間に短縮される。 (3) 本条にて規定される権利は、遡及適用されない。 これに対し13条の内容は、YouTube、 Facebook、Twitterといった大企業に影響を及ぼす規定であったため、さらに大きな議論対象となった。改正後指令案において以下の内容とされた。 (4) 大量の作品やユーザーの既読機能を保存するオンラインコンテンツ共有サービスプロバイダは、著作権者と公正かつ十分なライセンス契約を結ぶ必要がある。 (5) 上記サービスプロバイダは、「臨機応変かつ効果的な」苦情、異議申立てシステムを確立する必要がある。 本条項は、ビデオ及び著作権保護の対象となるようなコンテンツを配信する巨大プラットフォームに多大な影響を及ぼすが、適用されるのはプラットフォームそのものに対してではなく、配信を行うユーザーに対してである。また、コンテンツフィルタリングシステムは不十分であり、配信後にそれが実施される。 最後に、全ての情報拡散、ニュースのアグリゲータープラットフォームに当該条項が影響を及ぼすわけではなく、小さなプラットフォーム及び、小企業には影響しないことは特記に値する。 他方、ウィキペディアのような保護されていないコンテンツの百科事典や、保護出版物の教材として使用は、適切に出典元が示されている限り、本条項は影響しない。その際、コンテンツの発行元の事務所、会社の名前を示すだけではなく、容易に取得可能な場合は著者名も出典元として記載する必要がある。 より詳細な情報につきましては下記までご連絡ください。…
続きを読む